借入金利のあれこれ

ISHI_iguasunotak8d4s_TP_V

お金を借りる時、一番気になるのが借入金利です。一般的に借入金利は、銀行カードローンの方が消費者金融よりも低いのが特徴です。また同じ銀行カードローンでも、実店舗を持たずに営業しているネットバンクの方が低いのが特徴です。さらに借入金利は、借入限度額が増えるほど低くなります。現在銀行カードローンの最高限度額は1000万円です。この時の借入金利は1%代~3%ほどで、審査によって決まります。

さて借入金利は、利息制限法によって上限金利が定められています。ちなみに10万円未満の借入なら年20%、10万円以上100円未満なら年18%、100万円以上なら年15%で、これを超えない範囲で金融機関は自由に借入金利を決定することができます。これを踏まえて消費者金融の上限金利はほとんどの会社で年18%となり、銀行カードローンは年15%前後が一般的となっています。

かつてあらゆる金融機関が利息制限法を無視して、出資法の上限金利である年29.2%で貸し付けていました。この出資法の金利と利息制限法の金利の差をグレーゾーン金利と呼び、現在テレビCMで弁護士事務所による過払い金の返還請求の宣伝が盛んに流れているように、払い過ぎた金利を返還するよう求める訴訟が頻繁に行われているのです。しかしこのグレーゾーン金利問題は、今から10年ほど前に借りていた方の問題であり、現在は出資法も改正されたのでグレーゾーン金利問題は一切生じません。

最後に借入金利をゼロで借りる方法を紹介します。大手の消費者金融や一部の銀行カードローンでは、初めての契約者のために30日間の無金利サービスを実施しています。ですから次の給料日にまとまったお金が入るあてのある方は、30日間の無金利サービスを実施している金融機関を選んで契約すれば、非常にお得になるのです。なお金融機関によって、無金利となる起算日が「契約した日」か「借入した日」かの違いがあるので、契約前にチェックが必要です。

借入の利率について

カードローンなどを利用して借金をする時には、「完済するためにいくらの返済が必要なのか」ということをしっかりとシミュレーションすることが大切です。例えば、友人に借りた1万円を返済する時には「借りた金額と同等の1万円だけ」で換算できることが少なくありませんが、カードローンを利用する場合には「1万円に加えて『利息』を返済」する必要があります。

つまり、1万円の借金を完済するためには1万円を返すだけでは済まないということで、追加で支払う分に関しては「利息」という形で徴収されます。カードローン契約をする際、審査結果や借入限度額の設定によって金利(利息割合を決定する要因)が設定され、そこで設定された割合で月々の利息が決まります。

各カードローンごとに設定される可能性のある金利には違いがあり、「出来るだけ低い金利設定のカードローンを利用する」というのが非常に大きな影響を与えます。カードローンごとに「4.0~18.0%」と言った形で設定される可能性のある金利が明記されていて、契約内容に合わせて選択されます。

通常は最大金利で契約することになりますが、「借入限度額が大きくなるほど低い金利が設定される」と言った特徴がある為、実際に利用するかどうかに関係なく「限度額さえ大きい設定であれば最大金利は低くなる」という仕組みになっているので、その可能性を高める意味で「総量規制対象外カードローンを利用する」という方法が非常におすすめです。

借入残高とは

ELFADSC06391_TP_V

現在、物を買うときに、支払う方法が現金よりカード化し、学生や主婦の方まで簡単にクレジットカードが作れるようになったことで、よりその傾向に拍車がかかり今やクレジットカードを持っていないという方の方が珍しくなっているということはご承知の上でしょう。

そして、クレジットカードを利用し、作成するときに何気なく目にしている借入残高、いったいそれが何かご存じな方はどれほどいるでしょうか。簡単にいってしまうと他のカードなどで借金をしていないかという確認をあなたに問うているということになります。まずい、他に借金が、という方にも大事なことでありますが、大丈夫、借金なんてないからと高を括っていると困る事態に陥り兼ねません。じつは、自分には関係ないと考えていても、車のローンや住宅ローンを組んでいる方にもクレジットカード会社によっては記載の必要性があります。

それは、カード会社や年収により異なりますが個々により借入限度額といったものがあり、その限度額を超えると借入が不可になるということがあげられます。それなら、他のカードで借りるだけと考える方もいることでしょう。しかし、限度額が会社での違いがあれど、どこで借入してもその情報は一本化されていて借りた分だけ限度額が減っていくその残りのことを借入残高と呼びます。残高がほとんどなかったり、滞納していると全て情報として残ってきますので、クレジット作成はじめ、新たな借入は不可となる仕組みになっています。是非、自身の状態を確認し、賢く利用していきましょう。

借入金利とは

借入金利とは、お金を借りた時に発生する金利の事で、住宅ローンや車のローン、カードローン等、様々な場面で発生します。カードローンの金利の場合、景気に左右されるという事はない事が殆どですが、住宅ローン等はその時の景気によって変わる事が多くなります。ですから、申込をするタイミングによって金利が大きく変わる事も少なくありません。

住宅ローン等の場合、借入をする時に、固定金利変動金利を選べるようになっている事が殆どです。固定金利の場合、景気によって金利が変わっても最初に契約した時点の金利で返済を続けていく事になります。

変動金利の場合は、半年に1回金利の見直しがされ、その時の景気や金利に合わせて、住宅ローンの金利も変動していくというものです。購入後に金利が下がっていった場合、固定金利の場合は最初の高い金利のまま、変動金利の場合は下がった金利に合わせて貰える為に、お得な状態となりますが、その逆もありえるので、良く考えて契約をする事が大切です。

それに対して、カードローンの金利というのは、景気に左右される事が殆どありません。ですから、利用をしたら、常に書かれている金利を支払う必要があります。ただ、業者によって設定されている金利は異なるので、最初に業者をしっかりと比較検討をしておく事で、支払う利息を少しでも少なくしていく事が出来ます。それ以外にも、早めの完済を目指すようにすれば、支払う利息は少なくて済む事になります。

滞納を解消してからキャッシング申込をすべき理由

業者から借りるとなると、他の会社での滞納状況が重視される傾向があります。借りようと考えている時は、それを解消するよう試みると良いでしょう。

例えばA社で申込をしたとします。そして人によっては、キャッシングを利用する事は初めてではない方も見られるのですね。すでに他のBなどは会社で借りている方も、中には見られます。 その場合、Bの状況が重視される事になるのですね。Bで何か遅れが生じている方々の場合は、少々難しい傾向があります。

例えばBでの支払い遅れです。支払いが遅れてしまっていれば、当然Aによる評価は低くなる傾向があります。 そして金融関連の会社は、情報共有ができるようになっているのですね。A社はB社の状況を確認する事はできますので、支払いの遅れなども随時チェックできる訳です。

このためA社から借りたいと思っている場合は、ちょっとB社での状況を解消しておくと良いでしょう。少なくとも滞納が解消されている状態になってから、申込をするのが良いと思います。
ちなみにそれは、かなり審査が甘い会社でも重視される事が多いのですね。

賃金業者の中には、過去に金融事故を起こした方々でも借りれるところも見られますが、やはり滞納中の方々は少々厳しい傾向があります。ある関西地域の賃金業者の場合、上記のB社にて支払い遅れが生じている場合は、ちょっと借りるのが難しくなるのですね。ですので新たな会社で申し込みをしようと思うのであれば、少なくとも滞納ゼロにしておくのが好ましいです。

ちなみにそれは、携帯電話の滞納も同様です。実は支払い遅れというのは、何も金融会社だけではないのですね。電話料金の遅れが生じている方でも、やはりA社からはかなり低く評価される傾向があります。ですので新規申込を希望するならば、電話料金の滞納なども解消しておくべきでしょう。

こうして見てみますと、キャッシングでは滞納は非常に大きなポイントだと言えますね。結局はその遅れが生じないようにしておくのが、一番ではないでしょうか。

嫌な事は逢わずに処理できる便利な借入キャッシング

ozpa87_shinsatusuruisya20140321_tp_v

人は嫌な事をするのは避けて生きようとします。例えば、歯や怪我や体の具合が悪いとして、病院に行くと、痛い思いをしたり、苦い薬を飲まされたり、恐い手術をしたりします。そんな事は誰でも嫌いでありますが、そんな嫌いな歯医者や病院に行くのに、看護婦や医者にありがとうございましたっと萎縮して小さくなってお礼を言わなければいけません。

しかも、こちらがお金を払っていて、お礼を言うのは損にも思います。しかし、歯や怪我や具合が悪くなったのは、自分のせいなのです。だから自業自得で偉そうにも出来ません。だから余計に行きたくなくなるのです。

そんな病院関係と同じように、お金が足りなかったらキャッシング業者に行かないといけません。それは自分がお金が足りないから、貸して貰うのです。これも病院と同じように、自分がお金が無いのに、余分に利息を支払ってありがとうございましたっと頭を下げないといけないのです。

結局はキャッシング会社は利息で儲けているので、キャッシング企業がお礼を言うべきだと思いますが、お金を借りるありがたみもありますし、こちらがお金が無い事を恥ずかしいと思う気持ちもあり、どうしてもこちらは偉そうに出来ません。

そんな風に、できる事なら行きたくないところへ行かないで済むなら、そのままやり過ごしたいですが、どうしても必要に迫られたら仕方なく行かないといけないところであるでしょう。病院などは手術などの手ほどきがあるので、どうしても本人が行かないといけないのですが、キャッシング業者は、店舗へは本人が行かないといけませんが、それが別の方法を取って、本人が行かなくても良い方法もあるのです。

それは、インターネットや、郵送など、通信による申し込みや契約をして、借入する方法です。これならありがとうございましたっと恐縮してお礼を言う必要性もありません。サラリとぱぱっと借りれます。嫌な事は会わずに処理できる便利な借入キャッシングで、おおいに利用したいと思いました。

現金が不足したとき、ピンポイントでカバーしてくれるキャッシング。

この世の中のものごとには、どうにもならないとことってけっこうあると思うのです。どんなに頑張ったところで、自分一人の力では解決できないこと。そういうことがある。なんか悲しいことのように思えますが、これは仕方のないことなのですね。だから、ここは力を借りるしか手だてがない。これについてはいろいろな状況というものが考えられます。

たとえば、お金に関してです。お金はやっぱり働くことによって手にできるもの。まあ、投資やギャンブルで入るお金などもありますが、基本的には労働によって稼ぎ出されるのが普通の考えですね。でも、それにも個人差はありますが、限度というものがある。もう、これ以上は稼げない、というものです。その限界で稼ぎ出したお金でも、足りないときはあるもの。急な出費ですね。これは誰でも経験があると思いますが。

このへんのことについて、ぜひともお耳に入れておいていただきたいことがあるんです。いきなりの出費で手持ちが寂しいとき、人はお金をどうにか都合しようとします。いろいろな方法が考えられます。親や兄弟から借りる。友人から借りる。手持ちのわずかなお金を持ってギャンブルに賭ける。そういう手段はいくらでもありそうですが、これはなかなか難しい面もあるのですね。

まず、親兄弟からお金を借りるとなると、どうしても心配をかけてしまいそうです。また、友人に借りることもいいのですが、これは信用というものをなくしてしまう恐れもあるということ。そしてギャンブルなんですが、これはもう、論外ですね。儲かることもあるでしょうが、その逆の確率の方が高いですから。だからここは、やっぱり信用できる消費者金融なり銀行で、キャッシングを利用するのが賢明ではないでしょうか。

特に今どきの消費者金融が提供してるキャッシングサービスはとっても便利です。手続きも簡単で、審査も比較的にラク、それで融資までの時間がものすごく早いというのですからすごい。現金が不足して困っているとき、ピンポイントでカバーしてくれるこの利点は、あらゆる可能性をいろいろ広げるということになるんじゃないでしょうか。

結局のところ、このキャッシングサービスというものがあることで、私たちの暮らしは一つでも二つでも上を行くことができる、そんな気がします。なんだかずいぶん良いことだけを言っているようだけれど、もちろん、リスクがまったくないわけではありませんね。しかし、計画的に借入を行なうのであれば、そういうリスクは軽減できるというものです。

ウェブを使ったキャッシングサービスは、まさに現代の借金。

どうしてもお金が必要なとき、例外ももちろんあるんでしょうが、大概が近しい人から借りるという方は多いでしょうね。友人や同僚、親や兄弟、それから恋人など。でも、借りるのはお金なのだから、ここには最善の注意が必要でしょうね。でないと、信用を失うばかりか、もっとひどいことになるかもしれないから。
そんなとき、こんなものがある。それはキャッシングというサービスです。今は銀行を始め、消費者金融などでこのサービスを提供してるところが多い。消費者金融と聞くと、どうしても引いてしまう方もいるかもしれない。でも、今は昔と違って、かなりクリアで、安全になってるのですね。強引な取り立てがくるなんて話はあまり聞きません。

このキャッシングサービス、具体的に言いますと、小口の借り入れで手軽に融資が受けられるというもの。だから急ぎの入り用時には最適です。申し込みから審査、審査結果、そして融資までの時間がかなり短いのが特徴。このスピーディーな融資に加え、他の大きなローンなどに比べてかなり借りやすくなっていることも忘れてはいけませんね。たとえば、担保も保証人も必要ないこと、借りたお金はどんなことにも使えることなど、本当に便利な融資なのです。

mbp9v9a8418_tp_vまた、どうしても外せない魅力ってものは、その手続きの便利さではないでしょうか。今はなんでもかんでもインターネットを使っていますが、このキャッシングサービスも、ネットを使えばより便利になる。それはウェブ完結などと呼ばれているものですが、前述した融資までの手続きがネット上ですべて完結できる。これぞ現代の借金と言えそう。もしも急にお金が必要になってしまったとき、これで問題は晴れました。キャッシングサービスの中には無利息期間を設けているところもありますから、そういうものを賢く利用すれば、融資はもっとお得に受けることができるのですね。ようは使い方次第ということでしょうか。

家族のこと、節約のこと、いろいろ考えると、借金は他人や家族からするよりも、こうした専門のところを利用した方が良さそうです。

お金の事。独りで悩んでいる貴方に聞いてほしい!

キャッシングを有効に使った話しです。人生半ば、20代で結婚し30代に入り、私はいつまでも無計画にお金を使っていました。クレジットカードも適当に何枚か持ち、何となく気に入ったカードをショッピングで使う。公共料金は別のクレジットカード。電車に乗れば、オートチャージの出来るIC付きクレジットカード。特に何も考えずに使って来ました。

しかし、だんだんと支払いがキツくなっていったのです。何だか色々な所から引き落としがあるな。とは思っていましたが、確認せずにそのままいつも通りに使っていました。 すると、ついに毎月の収支が合わなくなってきたのです。とうとう、何がどうなっているのか確かめざるおえない状態に。全てのクレジットカードのショッピング金額を計算すると、なんと40万円を超えていました。

確かめず無計画に使っていた自分が悪いのです。それぞれのクレジット会社から請求がくるので、それぞれのカード金額の利子を払う為、返済額がかさんでいる状況でした。これには困ってしまい、どうしていいのか分からなくなっていました。 親に相談するにも、私は結婚もしているいい大人です。親には頼りたくないという思いがありました。妻にもこの事は言えません。最近の明細書が送られないインターネットで使用履歴が見れる設定にしていたので、バレていません。友人に相談しようとしましたが、お金の事だし、情けない話しになって信用を失ってしまうと思いやめました。

この事から分かる様に、お金の悩みというのは誰にも言う事が出来ない、孤独な悩みなのです。お金の管理が、ずさんで適当な人は他人から信用されないのです。私は、借金で生活が圧迫されるまで、その事に気付かなかったのです。とても悲しい気持ちになりました。 そんな中、街のキャッシングサービスの店舗を見つけ、不安ながら中に入ってみたのです。しかし、不安はすぐに吹き飛びました。そこでは、私の話しを親身になって聞いてくれるのです。

今まで話す事が出来なかったお金の悩みを全て聞いてくれて、しかもその解決策を丁寧に教えてくれました。借り入れ金をキャッシングで一つにまとめる方法を勧めて下さり、しかも毎月の無理のない返済額で、何年間で完済するのかも計算してくれました。私はとても嬉しい気持ちになりました。今では、借金も完済し、気持ちを新たに持ち、私は生活費等の収支の計画をしっかり立てられる様になりました。