借入金利とは

借入金利とは、お金を借りた時に発生する金利の事で、住宅ローンや車のローン、カードローン等、様々な場面で発生します。カードローンの金利の場合、景気に左右されるという事はない事が殆どですが、住宅ローン等はその時の景気によって変わる事が多くなります。ですから、申込をするタイミングによって金利が大きく変わる事も少なくありません。

住宅ローン等の場合、借入をする時に、固定金利変動金利を選べるようになっている事が殆どです。固定金利の場合、景気によって金利が変わっても最初に契約した時点の金利で返済を続けていく事になります。

変動金利の場合は、半年に1回金利の見直しがされ、その時の景気や金利に合わせて、住宅ローンの金利も変動していくというものです。購入後に金利が下がっていった場合、固定金利の場合は最初の高い金利のまま、変動金利の場合は下がった金利に合わせて貰える為に、お得な状態となりますが、その逆もありえるので、良く考えて契約をする事が大切です。

それに対して、カードローンの金利というのは、景気に左右される事が殆どありません。ですから、利用をしたら、常に書かれている金利を支払う必要があります。ただ、業者によって設定されている金利は異なるので、最初に業者をしっかりと比較検討をしておく事で、支払う利息を少しでも少なくしていく事が出来ます。それ以外にも、早めの完済を目指すようにすれば、支払う利息は少なくて済む事になります。