借入の利率について

カードローンなどを利用して借金をする時には、「完済するためにいくらの返済が必要なのか」ということをしっかりとシミュレーションすることが大切です。例えば、友人に借りた1万円を返済する時には「借りた金額と同等の1万円だけ」で換算できることが少なくありませんが、カードローンを利用する場合には「1万円に加えて『利息』を返済」する必要があります。

つまり、1万円の借金を完済するためには1万円を返すだけでは済まないということで、追加で支払う分に関しては「利息」という形で徴収されます。カードローン契約をする際、審査結果や借入限度額の設定によって金利(利息割合を決定する要因)が設定され、そこで設定された割合で月々の利息が決まります。

各カードローンごとに設定される可能性のある金利には違いがあり、「出来るだけ低い金利設定のカードローンを利用する」というのが非常に大きな影響を与えます。カードローンごとに「4.0~18.0%」と言った形で設定される可能性のある金利が明記されていて、契約内容に合わせて選択されます。

通常は最大金利で契約することになりますが、「借入限度額が大きくなるほど低い金利が設定される」と言った特徴がある為、実際に利用するかどうかに関係なく「限度額さえ大きい設定であれば最大金利は低くなる」という仕組みになっているので、その可能性を高める意味で「総量規制対象外カードローンを利用する」という方法が非常におすすめです。